事故車を廃車にすると費用がかかる

事故車をそのまま廃車にすると、費用がかかります。

廃車にするときにかかる費用はおもに、

1.リサイクル費用
2.陸運局での廃車手続き費用
3.車の解体費用

の3つです。

1.リサイクル費用
2005年1月から自動車リサイクル法がスタートしました。
このリサイクル法により、車を解体にする費用として、持ち主にリサイクル料金の支払いが義務付けられています。

リサイクル料金の支払い時期は、新車を購入した時、2005年以降初めて車検を受ける時、廃車にする時です。
料金は車によっても違いますが、通常1万円〜1万5千ぐらいかかります。

ただしこのリサイクル料金は、最終的に車を処分した人が支払うことになっています。
すなわち少しの金額でも車が売れた場合は、売った相手から車両代とは別にこの自動車リサイクル料金を支払ってもらうことができます。


2.陸運局での廃車手続き費用
車を廃車にするときは陸運局で抹消の手続きをしなくてはなりません。

その手続きは廃車を依頼する車屋さんか行政書士の先生に依頼することになると思いますが、当然料金がかかってきます。

通常手数料として1万円前後かかってきます。


3.車の解体費用
廃車にする車を引き取ってもらう費用です。

専門の解体業者が引き取ることになりますが、通常料金が1万円ほどかかります。


とこのように廃車にするには結構お金がかかります。

しかし事故車買取に売れればこれらの費用は一切かかりません。
それどころかお金がもらえるのです。


事故車買取査定 事故車は無料査定で価格を確認

事故車買取
この写真のように、事故をして動かない車の査定はこちら
事故車買取
事故車買取


それ以外の簡単な修理で自走可能な車の査定はこちら
事故車買取
車買取