車両保険とは

車両保険とは、自分の車が事故で損害を受けた場合に、車の修理代を保証してくれる保険のことです。

事故だけに限らず、火災、台風、盗難などにより損害を受けたときにも支払われ、通常、装備品なども補償の対象となります。

あなたがもしこの車両保険に加入していれば、保険で事故の修理ができる場合があります。

しかし一口に車両保険といっても、その中にはいろいろな種類のものがあり、事故の仕方によって、保険で直る場合と直らない場合があります。

ここでは車両保険の種類について解説しますので、自分がどのタイプの車両保険に加入しているのか確認してみて下さい。


車両保険には大きく、「一般車両保険」と「車対車の車両保険」の2つのタイプのものがあります。

自分でガードレールにぶつかった、なんて事故もカバーできる車両保険が一般車両保険で、この場合保険料は高くなります。

車対車の事故のみに限定した車両保険の場合、保険料は一般車両保険と比べ安くなりますが、その分補償の範囲が狭まることになります。

>>一般車両保険とは

なんと!保険の無料見積りを取るだけで500円の商品券がもらえます!
                  車両保険見積もり